最近の記事

2016年11月28日

シャドウバース これは明らかな不公平! ウィッチがなぜ理不尽なのか考えてみた!


ネクロマンサーの場合

ルナ「墓場5……腐の嵐までもう少し」
皆「なるほど、墓場も5溜まっているから、そろそろ全体ダメージ撃ってくるな」

ルナ「墓場18!」
皆「デスタイラントか……防御体制にしなきゃ」


ヴァンパイアの場合

ヴぁんぴぃ「あと3点で復讐だね♪」
皆「打点を調節して復讐に入らせないようにしようか」


ロイヤルの場合

エリカ「御旗!」
皆「御旗を主軸にした御旗デッキか」

エリカ「乙姫!」
皆「セージか」


ドラゴンの場合

杉田「お前に負けるなら悔いはないさ」
皆「覚醒前に倒せば余裕だね」


エルフの場合

アリサ「墓場があと15枚」
皆「過剰なストレス」


ビショップが相手

17歳「過酷をプレゼントです」
皆「毎ターン何しかけてくるのがわかるのが腹立つ」



で、ウィッチが相手

ルナ「ルナは墓場の数が相手にもわかっちゃうから、戦術丸読みされちゃうの」
ロイヤル「出すカードで大体の方針が読まれると、というか防御がキツイ」
杉田「覚醒まで7ターンなのはお察し」
ヴぁんぴぃ「残り体力なんて皆見れちゃう情報だよね」
アリサ「エルフも、冥府警戒されて墓場数チェックされる」
17歳「もはやテンプレ行動で勝てます」

皆「で、ウィッチは?」

イザベル「スペルブーストがいくつかって? 秘密に決まっているでしょう?」

皆「それ!!」




皆さん。シャドウバースをやっているとき、不思議に感じませんでしたか?

ルナちゃんはネクロマンス。これは墓を消費するため、墓がどれくらい残っているかで、どういった方針のデッキなのか読まれちゃいます。溜めていないならデスタイラントはなし。溜めているならばデスタイラントの可能性あり。といった具合に、先読みが当たり前です。

ビショップは一応、カウントダウンが主流なので、誰でも情報が見れます。
ヴァンパイアも体力10以下で発動なので、見ればわかります。
ロイヤルは主従関係の確認が出来ます。
ドラゴンは覚醒が7ターン目に来ることを皆さん知っています。
エルフは手札枚数と墓場の増やし方でわかります。

ですが、ウィッチだけ。

彼女だけは何も開示されません。


スペルブーストを何回したのか、数える必要があります。最初から。

ですが、スペルブーストを2回とかいうカードで、その計算はグズグズになります。というか、なんで彼女だけ情報閲覧ができないのか?

ネクロマンサー、ルナちゃん使いの私は、いっつも超越に煮え湯を飲まされます。相手にはこちらの戦術バレバレなのに、こっちは相手の手の内が全く読めない。今、危険なのか安全なのか、その判断すらも出来ない。彼女だけ秘密。秘密。秘密!!

おかしくないですか? 何で彼女だけ秘密なんですかな? 僕らが最初から最後まで、ウィッチの一人遊びに付き合っている気分になるのはまさにこれが理由ですよ。インディアンポーカーなのにカードを隠すようなものですよ。こっちの情報は筒抜けなのに、相手の情報は完全シークレットって、いくらなんでも不公平だと思うんです。

なので私は提言します。

総ブースト量を表示するカウンターの実相を!


カード一枚一枚にカウンター設置はしなくても良いです。そうではなく、手札のブーストだけカウントすればいいんです。合計30カウントから、ファイヤーチェ−ン(10)使ったなら20になるとか。

今、手元にどれだけの危険度があるのかをこれで理解できるのです。

そんな素敵なカウンター、待っています!


posted by ずばのろ at 22:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シャドウバース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆらぎ荘の幽奈さん 41話『雲雀ちゃんのTAWAWAPLAN』感想2



まずうちさぁ。ハーブティーあるんだけど……寄ってかない?

守「やめろお!(本音) やめろぉ!(殺意)」

さて、今回は感想をふたつに分けてみる、いわゆる分割2クール的な扱いにしてみました!

守「出勤時間ギリギリまで書き込んだこだわりだけしか評価できないあれが前半」

今回は後半戦! サッカーって前半後半と、アディショナルタイムってあるみたいだね。
オレゴラッソ読みました? スーパーシュートとかのぞくぞく感で震えるがいい!

守「今回は、壮絶な雲雀の独り言から物語が始まるんだな」

アイアンハートのコガラシさんを誘惑するという時点で無理ゲーなのに、わきを固めるヒロインズが皆巨乳。というか年相応のレベルを超える巨乳。え、一人忘れているって? や、やだなあ、この世は乳だけではなく座敷童にも優しい世界だって(滝汗)

守「雲雀ちゃんと千紗希ちゃんとの邂逅。ほほえましい二人組だ」

そんなことより日和さんだよ! スーツだよ!! 仕事帰りだよ!! キャリアウーマンだよ!! スーツの上からでもその存在感はルール違反ですってば!!

守「そんなことって……ええ……」

日和さん>>超えられない壁>>娘=雲雀ちゃん

個人的にこんな感じ!

だから今回のスーツ姿は、以前の無防備姿とギャップありすぎて素晴らしい! 皆。若い子のハリ艶だけが胸部ではないんだ。素晴らしき理想郷は、老いてもなお夢を与えてくれるんやで……。

守「話的には雲雀ちゃんがバストアップのために勤しむだけで終わったという、内容がまるでない一話」

お前ゆらぎ荘に内容求めてるんか(驚愕)
posted by ずばのろ at 20:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆらぎ荘の幽奈さん 31話〜60話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆらぎ荘の幽奈さん 41話『雲雀ちゃんのTAWAWAPLAN』感想1



この本物の【TAWAWAPLAN】が選んだ、
【選ばれし者】へと譲与する。
それがミウラタダヒロ先生の生きがいでございます。

雲雀「……なんだって……本物……?」

いやはや、お待ちしておりました。
千紗希様が貴女様を友人と慕うので、どんな方かと年甲斐もなく、浮足立っておりました!

それがまさか、こんな凡夫(Cカップ)だとは。

【TAWAWAPLAN】は、常軌を逸した『慾』を持つ者を宿主に選ぶ。
生まれの貧しさ(Cカップ)故に俗物的な『慾』しか描けない凡人(cカップ)風情が、
思いあがって欲していい代物じゃあない―――。



胸を揉みしだいて乳房を引き出す でしたか?
全くもってバカバカしい。


『慾』を糧に美少女を巨乳に設計する。
だから【TAWAWAPLAN】と呼ぶのですよ。


雲雀「千紗希ちゃんが巨乳に……なった? 作者に選ばれし者で……なにが起こっているのよ……なんでこんなことに」

千紗希「大丈夫だよ雲雀ちゃん。悪いのは「乳世界」じゃなかったんだ。私はやっとわかった。巨乳で人々の心は動くと妄信する巨乳フェチや、それを煽り立てる超乳奇乳の商業作品。
こんな人間どもが乳世界を腐らせる。
どんなに貧乳美乳を提言しても、土が腐っていては希少価値にはならない。
それなら私は、この世界を牛耳る巨乳フェチを滅ぼして、
その先にあるハッピーエンドに雲雀ちゃんを連れていく。
一緒に行こう。今度は……私が守ってあげる」

雲雀「ああそうか……やっぱり凄いよ千紗希ちゃん……でも私は……」
雲雀「私が願ったのはね……私が巨乳で笑えるハッピーエンドだ」

    TAWAWAPLAN 第一話【豊乳エンドの千紗希ちゃん】






守「いつまで続けるんだこの茶番?」

PLANと聞いたら書かずにいられなかったんだ!

守「だったら大人しく月曜日のたわわでもぱろってろよ?! 何でバトル展開になっているんだよ!?」

これも全て、デモンズプランって奴のせいなんだ。

守「責任転嫁するな!」
posted by ずばのろ at 10:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆらぎ荘の幽奈さん 31話〜60話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなのこち亀 × 松井優征 感想



殺せんせー!? 死んだはずじゃ……!

守「トリック(ご都合主義)だよ」

殺せんせーが色々こち亀リスペクトをして終わるかと思いきや、まさかの脳噛ネウロ登場コラボとはなあ!!! しかも珍しいことに、両さんを話の中心にしているが、話の中に両さんがほとんど登場しないという珍しさ!

守「これまでは、各漫画の主人公たちが両さんと関わるという図式だったが、松井先生は流石違うな。画風は変えて、人物は変えず、好きであろう名シーンを自分たちのキャラで再現という手の込みよう」

両さん好きだったよー! という思いと、秋本先生への畏敬の念が感じられる良いコラボ漫画でした。
というか殺せんせーが化物っていうかねwww
……いや、ネウロなら確かに化物だな。全盛期ネウロはマジの化物だから。

守「懐かしのキャラが最期のコマにいて嬉しかったな」

X(さい)とかはいないけど、懐かしの面々だよ……是非とも読んでみて!
posted by ずばのろ at 09:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こち亀(完) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャンプ新連載 オレゴラッソ 第1話【その男バンバ】感想


なんやねんあのゴール……あんなゴールされたら、現代サッカーはまた、牧歌的パワーゲームと化してしまう。

良いねそれ! パス回しとかあざといファウル演技とかで攻守交替でボールを追いかけまくるサッカーよりも、ゴール一点目指す野心的サッカー!! 俺は大好きだね!

守「一時期お前がラグビー視聴に夢中になったのも、そこが原因だもんな」

今のサッカーは見ていてハラハラするだけで、熱のこもったドキドキがないのが問題。まあ全国代表戦しか見ていない感想だから、J1とかJ2はもっと熾烈なんだろうけどね。

では、この新たなるジャンプサッカー漫画の感想に参りましょう。


あらすじ

テコンドー日本代表選手として頭角を示していた男、バンバマサミ(漢字難しい)。彼は中学生のころ、テコンドー団体戦にも挑んでいたが、チームメイトに浴びせられた心無い言葉に激昂し乱闘。高校3年間の出場停止を通告された。新たなる青春を模索する中、クラス一可愛い子との会話で、【日本代表選手】という肩書が2人の中でアンジャッシュ。可愛い子が好きなスポーツ、サッカーに出場し、素人ながら凄まじき蹴りを発揮してゴールを決める。


守「ずぶの素人っていうのが良いな。読者目線で見ることが出来るから、専門用語とかも少しずつ覚えていけそうだ」

メジャーなスポーツ、それがサッカー。しかし、ジャンプ漫画でサッカーと言えば、即打ち切りの代名詞。連載前から私も不安満載で誌面を開いたとき、普通に良い漫画で面白かったのは驚きだった。

守「マイスターのような奇抜キャラ、銀魂テイストの東京湾、よくわからないドイソル。様々な漫画があったよな」

東京湾だけは読んでなかったわ……。

守「この漫画は、デフォルメ絵とハッタリ利かせたゴールシーンの落差が凄い。そして主人公に嫌味がないから、すんなり読むことが出来る」

王道の少年スポーツ漫画っぽくていいと思うよ。読んでて「なんじゃそれwww」ってなるシーンも多いけど、皆良いキャラしていて読んでいて楽しい。看板は難しいけど、中堅漫画にはなれるんじゃないかな?

守「まあ、全てはアンケ次第だけどな」

頼むよジャンプ……多分この漫画はもっと面白くなるはずなんだ……畑違いながらもプロフェッショナルとして、【蹴り】に特化した主人公の情熱、俺はもっと見たい!
posted by ずばのろ at 09:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ連載中作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャドウバース ルナちゃんの覚悟


ルナ「…フッ、どうやらルナはここまでのようだ、…だが、ルナはお前のエイラでは、死なん!」

サラダバー!!!
デッキ枯渇死!!

守「引きすぎただけだろそれ?!」

違うんや……エイラが延々回復しかしない糞防衛戦していて倒しきれずに死んでしまったんだ……。

守「回復はほんっとにうっとうしいのはわかる」

だったら俺だって……冥府魔導の地獄を潜り抜けた俺だって、回復のがぶ飲みしてやるってのよさ!!

守「ほう? エンジェルでも入れるのか?」


カードから、スカルフェインをリリース!!
赤ポーション生成からの、出でよルシフェル!!

守「無料配布天使!」

回復は、貴様だけの特権じゃあないぞビショップぅうううう!!

※なお、手札事故多すぎるデッキの模様。
posted by ずばのろ at 08:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シャドウバース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。