最近の記事

2014年03月29日

WUGか……何もかもみな懐かしい…… 最終話感想(&完走)


提案「WUGを応援するオタ達の物語」にすれば、
それはそれで面白かったのかもしれない。
アイドルの追っかけをガチでやるさまを。
同士を増やしてアイドル戦国時代を、
彼らが作るっていう。
うん。ソッチの方が100倍面白そう。



何が言いたいって、
もう分かるでしょう。

WUGは駄目だったんです。


とりあえず完走おめでとう自分!

いやぁ、仕事前なのに必死こいて起きていて、
その結果があれなのですからもう笑うしかない。

まずこれはアイドルの祭典。
ともなれば、アイドルたちを映すのが基本ですよね?

まぁ流石に手書きですから、他のアイドルは1コマでもいいです。
許します。もうそんな余裕もないでしょうし。

ただ主役勢の作画は確保してやれよ……加えて社長とマツダの会話が長い。
白木さんも演説という名の尺稼ぎが露骨。
もうアイドルを映すアニメではない。


ラブライブを見習えとは言いませんよ。
……いや言いますよ。
そういう内容の記事投稿も監督さんはしてましたし。

ラブライブはライブシーンの大半がCGです。
そこに不満を持つ人もいます。
しかし、CGだからこそ、よく動くし、
作画崩壊も起こりえない。
(一部来ている服装が違うとかはありましたが、
 気付かない程度ならまぁいいです。)

全編CGアニメーションで成功したアニメといえば、
最近は「蒼き鋼のアルペジオ」ですね。
作画崩壊がないのは周知なので、
そこに気をやることなくストーリーに没頭できました。

逆を言えば、作画崩壊が頻繁にあるアニメに、
没頭できるわけがないのです。気になっちゃうんですよ。


でも私は作画崩壊を気にする以前に、
ストーリーの浅さをまざまざと見せられている。

突然増える応援メンバー、
何故か勝ち上がり続けるメンバー、
何故か怪我をし、そのまま踊り、
思いっきりジャンプして結局足を引っ張るリーダー。


見た目も味も悪い料理はどう評価すればいいのか?
間に挟まったピクルスが唯一美味しいのはどうしてなのか?

というか何故WUGはこうなったのか?

私には全然わからない。


2期があるという示唆も白けます。
予定調和で行くなら最後までそれでいけばいいものを。
優勝ではなく落選とか。

あーあーあー。

2期あっても私は見ません。
もうWUGは駄目です。
見た時間を返せとは言いません。
これを教訓に、
駄目なまま終わるアニメもあるということを胸に、
生きていこうと思います。

極上スマイル[CD DVD]

新品価格
¥1,672から
(2014/3/29 20:15時点)




posted by ずばのろ at 20:16| 東京 ☁| Comment(0) | アニメ色々感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。