最近の記事

2014年10月30日

Hi☆sCoool! セハガール(1bit,2bit,3bit,4bit)感想



見る気などなかったのに気がつけば待ち遠しいって、
どういうことなの……。

【Amazon.co.jp限定】Hi☆sCoool! セハガール Vol.1(描き下ろしジャケットサイズ・ピクチャーカード付) [Blu-ray]






あらすじ

 ドリキャスセガサターンメガドライブが、
 卒業するためにゲーム世界を渡り歩いてメダル獲得するよ!



要するに擬人化したSEGA製ハードが、
セガのゲームなどをネタにして遊ぶ公式が病気なアニメです!

形式は今のところ、

1,2bitが「バーチャファイター」。

バーチャファイター




3,4bitが「スペースチャンネル5」を紹介。

スペースチャンネル5




まず前座である奇数回では、
上記の3人が二頭身キャラでグダグダします。

SEGAネタは1bitは濃いですが、
3bit目は各キャラの持ち味を生かしたものですので、
「俺はSEGAネタが好きなんだよ!」
っていう人に、3bitは向かないかもです。
(でも後半にスペースチャンネル5要素あり)


そして本編ともいうべきゲーム内世界は、
偶数回で発揮されます。


しかしSEGAネタを好きなだけ使えるからこそ、
やりたい放題が出来ますので、
ゲーム紹介というよりかは、
そのゲームの雰囲気を楽しむものとなっています。


例えば、バーチャファイターの世界だと、
主人公勢3人VS敵1人とかですし、
スペースチャンネル5であれば、
ダンスシーンは最初の方だけとか。
後は何で繋ぐかって言えば、

バーチャファイターの中に他作品キャラをぶっ込む。
(ムシキング、アレックスキッド、ダイナマイト刑事)
更にはバーチャファイターのモーションを一切無視した、
サクラ大戦ネタまでぶち込みます。
バーチャファイターファンであれば眉をひそめる展開かもですが、
SEGAファンであれば全て許容範囲内でしょう。

私が視聴継続を決定したのは、
まさにこのバーチャファイターの話及び、
OP映像ですね。



OP映像には、
家庭用ゲームやアーケードゲームなどが、
それこそ沢山出てきます。
(獣王記って知らないけど)

その中に、ボーダーブレイクがあるなら!!!
見るしか無いでしょう!!?
一ボーダーとして!!!



と、諸手を上げて賞賛絶賛したいけど、
4bitは正直微妙でした。


ニコニコ動画でスペースチャンネル5のプレイ動画を見て、
予習してきたのだけども、その要素殆ど無いとかもうね。
「別にコレスペースチャンネル5でなくても出来たよね?」
っていう内容だったのが痛い。


バーチャファイターはサクラ大戦混ぜたけども、
戦うゲームであることは一貫していたので違和感はなかったです。

こちらはダンスがメインである以上、
ダンスで一貫して欲しかった。

というかミクさんとかそこら辺出そうぜ!
ジェフリーとかゴールデンアックスは、
面白かったけど後半最高にグダる。
しまいにゃモロ星人(スペースチャンネル5の敵キャラ)も、
ダンス関係ないことしだすし。


次回は変則的ぷよぷよ。
ファンタシースターオンラインと合わせてお届けって、
これどういう話になるんだよ!?

ボーダーブレイクもどんな話になるのか、
今から気になります!



え、査問さん?
今回私暴走してないから登場しないよ?
posted by ずばのろ at 09:50| Comment(0) | アニメ色々感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。