最近の記事

2016年01月28日

おそ松さんって最強のアニメだと思うの



明日発売されるおそ松さんのDVD、BD。
売上は予想として……3万は売れるんでね?


守「それだけ売れれば前期アニメの覇権だな。
 どころか今期の覇権も握ることが出来る規模だ」

しかもこの3万とか、結構控えめな予想なんだよね。
もっと売れると思うよ。

守「まあ、1話にはお蔵入りしたアニメ分の補填として、
 新規アニメがあるしな。
 新しいのを求めるなら買うだろうよ」

そんなおそ松さんだけど、
色々とアニメや漫画を見続けてきた、
俺の(節穴)目が告げている。
これは現段階で最強のアニメだって。

守「単に他のアニメを見ていないだけとかないよな?」

よおぉし、表にでろ。ケッチャコをつけようじゃないか。


守(この後こいつは屍になったものの、
 キョンシーの札つけたら復活した)



まずおそ松さんの魅力って言ったらなんだろうか?

おそ松くん時代では、イヤミとチビ太が主だったけど、
今回は六つ子全員に焦点当てた作りになっている。


守「全員同じ顔だが、
 一応見分けがつくようになっているんだな。
 声も付いているし」


その声。
全員、主役張れる有名所の男性声優。
チョロ松役のありゃりゃぎさんとかね。

守「コードギアス知っているなら、
 おそ松と一松の声でビビッとくるしな」

あ、ディー・エヌ・エンジェルの主人公だよねトド松は。

守「今や誰もトド松と呼んでくれないがな(14話では呼んでいたが)」


トトコちゃんに腹パン食らったカラ松。

あれってシェリル・ノームから腹パン食らったアルトやねwww


守「二股かけた報いを別アニメで受けるとは……」


小野大輔さんといえば、俺の知っている中だと、
小泉だね。どことなくホモっぽいやつ。

守「どうしてこんな十四松な声をするはめになったんだ……」



まあ、声優発表時点で、
気合の入れようが分かった。
そして1話。すごかった。

2話も安定していて、
3話は実験的。

以後、5話、9話と気色の違う話で盛り上がり、
12話に至っては声優の人とアニメを楽しむという謎の作りwww
あれ需要は……あるわな。

守「ニコ動のコメントは女性で溢れていたぞ」

そして新年一発目に実松さんとじょし松さん。

14話で十四松人外。
15話で平成最初のおそ松くんからお花の話リメイク。
16話では一松事変!

とりあえず、色々やっているアニメですね。


守「……人気の秘密ってそういうことなのか?」


当たらずとも遠からず。

ところで守。



お話を作る時ってさ、
どうやって作る? 同人的な。


守「考えたこともないからわからん」


俺は東方の二次創作を書いたことがある(書いただけで発表なし)。

その時考えたのは、
まずは組み合わせだ。


誰を主役に据えて、
誰を登場させるのかって。


守「まあ、話を転がすにはそうなるよな」


例えば、橙(ちぇん)。
俺は彼女が一番好きだが、二番目にはフランちゃん。

この2人には接点がない。
想像しても個性がぶつかり合って、
相殺してしまう。

これが橙の親に当たる八雲藍の場合、
お話を転がすのは容易だ。


守「そうだな。
 無関係の奴組ませるよりも、
 知った仲であれこれやらせるのが自然の成り行きだ」


しかし組み合わせ次第では、
初対面でも面白くなる場合がある。






話をおそ松さんに戻すよ。

例えば、一松を主役に据えます。

もう一人出すのは誰にしようとなった時、
六つ子の中から選んだ場合はどうなる?


守「おそ松の場合は無理矢理遊びに行く話とかありそうだな。
 カラ松の場合は……pixivで嫌というほど上がっている。
 チョロ松だと、にゃーちゃん絡みのお話。
 十四松ならいいお兄ちゃんを演じる話。
 トド松とだとギャグになりそうだ」


そう。関係性が明白だから、
これだけのバリエーションが有るんだ。

守「そんなのどんなアニメにだってあるだろ。
 関係性とか。全員兄弟っていうのは珍しいが」



ははは。
そこでだ。

8話。和み探偵おそ松。
これに出てくるキャラクターで想像してみてくれ。

守「???
 おそ松はあの話だと和ませ特化。
 カラ松は死んでいるから想像にお任せ。
 チョロ松は突っ込みしない刑事。
 一松はホッケーマスク。
 十四松は真面目。
 トド松は突っ込み」


では、F6だとどうよ?

その他、舞台設定の違うじょし松さん。


……何か感じたことはないかな?



守「……まさか……!」


そう。
既存のアニメっていうのは、
キャラの持ち味が固定化されているんだ。

塩味の奴、醤油味のやつ。色々。

真面目、馬鹿、狂気、泣き虫とかね。

最近の美少女アニメみてれば、
その辺りはわかる。



例えばごちうさ。

ごちうさに出てくるシャロちゃんが、
突如大金を当てて大金持ちになる話とか……できるかな?


守「出来ないな……」


そうだな。一応あの作品には時系列があるから、
後々に関わるお話は容易に出来ない。
シャロちゃんは貧乏属性だから、
そんな話をしてしまうとキャラが激変してしまい、
既存のファンが離れるリスクが伴う。

やったとしても夢オチエンドだ。
投げっぱなしエンドにはしない。


ゆるゆりは時系列サザエさん時空だから年はとらない。
しかし、キャラクターの持ち味が死ぬような、
激変は起こらない。
そういう方針だから。


日常系以外の作品だと、時系列がある。
キャラの崩壊は大体物語の転機になる。




……要するに、他のアニメはキャラクターのイメージを、
大きく損なう(キャラ崩壊)真似ができない。

キャラクタービジネスの最先端であるごちうさは、
そういう意味で物足りない。


守「おそ松さんは……違うな」


萌アニメであれば、7話でトド松のトッティ顔は出せない。
イケメンパラダイスのアニメでも出せない。

そんなことしたらファンの発狂度合いが半端ないからね。

ましてや一松の脱糞未遂なんか、
イケメンキャラでやってたら抗議と苦情でスタジオがパンクする。


守「もともとの作品からしてろくでもない奴らだから、
 多少どころかキャラクターを壊しかねないことやっても、
 問題ないのか」


イケメンじゃあないのもプラスだね。

二枚目がやったら許されない行為でも、
三枚目がやればギャグで許される。

おそ松さんはまさに三枚目。
声はイケメンでも顔立ちはお世辞にもイケメンとは程遠い。


守「なるほど。キャラ崩壊が許される。
 それが人気の」


おいおいおい。
何勘違いしているんだ?

それは強みであって、人気の根底じゃあない。


人気の1つは、ちゃぶ台返しだ。

15話の花の精可愛かったけど、オチはアレだった。
11話のゾンビは欠損とか普通にあって恐ろしかった。
6話でイヤメタル設定があってイヤミが散々だった。
10話で8兆円請求されたり瀕死の重傷あったりした。





……が、次の話に行けば、
何事もなかったかのように物語はリスタートしている。

一定の人間関係、
一定の距離感、
基本設定も修復されている。


例えば核戦争が起きたとしても(16話)、
六つ子の内誰かが死んだとしても(3話)、
F6が夢だとしても、
それらは基本の世界に必ず回帰する。


十四松が人間じゃあないとか、
一松がカラ松ボーイズを続けるか否か、
それも全部修復される。



その話、その話により、
全てが変化するんだ。


守「こち亀みたいだな。
 派出所が爆発しても、
 両さんが大損こいても大金持ちになっても、
 あらゆる事業を行なったとしても、
 次の話には持ち込まない」


連続ものは出来ない代わりに、
毎回毎回、別の話を作っていい。

キャラクターは変わらないから、
あとは誰と誰を出すかを決めて、
お話を作っていけばいい。

やり過ぎ表現しても、
ノーマルにいさんキャラでやっても、
面白ければ、これでいいのだ。


守「……ちょっと待て。
 つまりアレか?」


そうだ。
おそ松さんは無限に続けることが出来るし、
新たなキャラ性をつけることも出来る。

既存のキャラだけでお話を回しても、
アイデアさえあればいくらでもお話が作れる。




一松の買い物。

カラ松のデート。

おそ松のパチンコ。

十四松の旅行。

トド松の合コン。

チョロ松のWUG。


今俺は、適当にキャラの名前と、
それに対してどういう行動をするかを付加しただけだ。

……でも、お話は転がる。


守「合コンはイケメンキャラには出来ない。
 パチンコなんて不健全なことも。
 旅行……十四松が……どうなるんだそれ……。
 WUGって……ミリオンガールズ的な立ち位置なのかチョロ松。
 痛いカラ松のデートとか……カラ松ガールズなら喜びそうだ」


じゃあこれをシャッフル。



おそ松のデート。

トド松のWUG。

十四松の買い物。

カラ松の合コン。

チョロ松の旅行。

一松のパチンコ。



守「……様相が一気に変わった……」


六つ子だけで回しても、
いくらでもネタが出来る。

イヤミやチビ太、トト子ちゃん。
色々ある。
組み合わせはこの時点でも無限大だ。


守「この時点? いや、もういないだろ?
 これ以上……あ……っ!?」


F6の、デート。パチンコ。買い物。合コン。

和みのおそ松関連の、別事件。

じょし松さんの色々。


もしくはこれらの世界観をごっちゃにして、
シッチャカメッチャカにしてもいい。


どんなに世界観が、キャラクターが、
様々なことが崩壊しても、
pvのような老化しても、
必殺仕事人しても、


次の話ではなかったことになっている!!


どんな無茶なことしても構わない!!!


そして同人誌ではそれが遺憾なく発揮されている!!!



女性ファンは組み合わせを楽しむ!
女体化もする!

ニコニコでは自作ゲーを作る人も現れた!
デカパン博士の何でも屋ポジションは、
東方における八意えーりんや八雲紫並に超絶便利。




守「あと気付いた。
 これ、おそ松さん終わったとしても」


終わらないよ。

円盤数万枚売れるであろうドル箱コンテンツを、
1期で終わらせる馬鹿はいないさ。

2期はもう決定しているだろうよ。


……でも、もしも、終わったとしたら、なんだい?


守「イケメンキャラの出る女性向けアニメと、
 ぶつかることがまず、ない」



そうさ……。
ハイキューとか色々あります。
その界隈のトップになるべくしのぎを削る。

イケメンとか、面白い話を考えて。


声優を揃え、スタッフを揃え、
マーケティング、宣伝、様々な事柄を経て、
アニメは出来る。


ごちうさは萌豚相手に特化した作り。
京アニは水泳アニメで女性の心を掴んだ。

いずれも、美少女、美男子で溢れている。
萌アニメで不細工キャラとか、不快な要素は殆ど無い。

というか最近のアニメは皆そうだ。
イケメンと美少女が我が物顔で闊歩している。
顎がとんがっている。



……しかし、おそ松さんは彼らを、
天上世界から見ている。見下ろしている。

イケメンでも美少女でもない。
それらと競合することがない立場。

それでいながら、
今期、前期の覇権アニメとして君臨している。


圧倒的自由な作風という、
とんでもない武器を振りかざして。


守「今後、おそまつさんのようなキャラデザのアニメは、
 なかなか出ないだろうな。
 イケメンバブルの今、
 おそ松さんは一個体のジャンルとして、
 放送終了後も愛されるだろうな」


出せば数万枚売れるアニメ。
提供が強力。
話は無限に作れる。
話題性はピカ一。


いやあ、強い。

ラブライブくらいだよここまで強さを握っているアニメは。


守「まあ売上はまだ出ていないのだが……」


売れるっしょ。3万以上は。
仮に売れなくても、ダイイチさんが赤字補填してくれるからヘーキ。


守「……おそ松さんのパチンコ出たら」


女性ファンは行くのだろうかな……。
じゃ、総括行くか。



総括


おそ松さんアニメの持ち味であるちゃぶ台返しは、
コミックス170巻超えたこち亀の手法である。
お話はいくらでも、無限に作れる。

去年猛威を振るった刀剣乱舞の、
pixiv投稿数は約16万。
おそ松さんは約10万に届く勢い。

あれだけの大ヒットになった刀剣乱舞以上に、
伸びが早い。
ヒットの裏付けとしては十分な証明。


放送終了後は、素材過多の作風なのでMADが多く流行る。
手書きおそ松さんの投稿動画は未だ伸び続けている。

こぞって様々なコラボが登場。
女性ファンの財布事情は寒波。





最後に一言。



おそ松さんって最強のアニメだと思うの
posted by ずばのろ at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おそ松さん(完?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。