最近の記事

2017年02月12日

けものフレンズ バブみが生易しく感じられるほどの愛にあふれるアニメ


けものフレンズ。不詳ずばのろ、
1話配信時に見て、セルリアン初撃破場面で耐えきれずに切ってしまったアニメ。




いま、凄まじい勢いでニコニコランキングを制圧しつつあることに驚愕し、
再度耐えながら視聴。


守「それが地獄の始まりだとは思っていなかったようで……」






1話を見切ったのち、脱帽。
「何で私はこのアニメを見ていなかったのか?」という感想に包まれる。


作画はCGだからか安定している。安定しているが、特筆すべき点はない。

声優に関しては棒読み気味で上手くはない。

設定に関してはわけがわからないし、いきなり説明される内容がぶっ飛び。
ジャパリパークってなんぞwwwってなったし。

会話劇も独特通り越している気がする。

最初の狩りごっこで視聴打ち切った人は大勢いたはずだ。
私だってあのシーンで切ろうか迷ったくらいですから。




守「おい……なにリピート再生しているんだ?」


しかし、二度目のセルリアンとのバトル、カバさんの登場など、気になる展開後の疾走感ある脱力OPに、カバンちゃんの正体についての謎だったりと、気になる要素がてんこ盛り。


しかし、このアニメを再度1から見直すと「あーは」とかよくわからない狩りごっこからの「食べないよ!」とかの独特なテンポと言うか、旨い事鍔迫り合いが出来ていない間合いのとり様とかを見ている内に、何だか知らないけど「すごーい!」って気分になっていく。

これで4度目の最初から再生……いったい、何が私に、ここまで再視聴させる魅力をこの作品は持っているのだろう?


例えば、メイドラゴンの場合、才川さんよろしくカンナカムイ可愛すぎ問題で、4話をループ再生しました。
このすばはセナさん捕食シーンやアクア「ぶぁああああ」とか「レディーファースト」だったりと、面白い個所を何度も見返しました。

一度見たアニメをもう一回見るというのは、面白い個所、可愛い個所があるからです。

けものフレンズには何があるのか……と言えば、サーバルちゃんの存在でしょう。


どこか頭のねじが抜けていて、でもいい子で素直でガンバレと真摯に応援してくれる彼女の存在がデカい。広大な【さばんなちほー】の中にいる雄大な大自然さながらに深い心の広さを持つサーバルちゃんに徹底的に癒されてしまう自分がいる。

2話での「食べないで」というセリフに対しては少しだけ怒っているその加減も良し。

3話で落下死(死なない)、轢殺(死なない)などのハードモードでも頑丈。すっごーい! なにこれ! どうやってやったのサーバルちゃ……っは!!? あかんあかん!? IQがガリガリ削られている!?

守「dアニメを神アプリとして2〜5話を一気に見てたなお前」

普通に面白いんだもの!? 1話前半で切ってしまった私よ、愚かだったわ! 今では仕事中もこのアニメを思い出しては無邪気なサーバルちゃんとか思い出してヤバいんだよ!!

しかもEDとか小出しの設定見るに、オールハッピーエンドとは言い難いラストが待っていそうなのもハラハラするんだよ! そんな凝った設定の裏を考えるってたーのしー!


あああああああいかん! 脳がとろける! サーバルちゃんといろいろしたい!! ジャパリパークはどこなんだよぉおお! 動物やフレンズと笑いたいよおおおおお!! つらーい!!

守「フレンズになってしまったのか……」

フレンズなら友達でしょうが(そうだ!)


posted by ずばのろ at 21:31| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | けものフレンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「なんぞwww」「疾走感」
うーん、この発達障害ニコニコキッズ感
余りにも文章にセンスがなさ過ぎるので口を開かないで欲しい
Posted by at 2019年03月06日 13:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。