最近の記事

2017年02月03日

ムッツリ真拳 9話感想


諸君……私は双丘が好きだ。
諸君。私は双丘が好きだ。
諸君! 私は双丘が大好きだ!


しかしながら……無い乳だったとしても、それはそれで大好きだ!!
問題なのは……その子がどういう子なのか、どういうシチュエーションなのか、巨を我が意とするか、虚を我が意とするか、全てはそう……我が心の赴くままに!!

あ、ずばのろはどちらかと言えば巨乳派ですね。

守「今回で、金髪がなぜいつも落ち着いて解説していたのかが明らかになったな」

まさかのロリコン……いや、俺はそれを責めることは出来ない。
彼の辿り着いたのは、深淵にして根源。
精神愛と幼児嗜好が入り混じった、中々に業の深い、しかしこれもまた愛の一つ!


というか、私の大好きな黒髪ぱっつん2人が登場しているってだけでも見どころあるのに、それが水着とかもう読んでいかなきゃ罪ってもんですよ!

守「姫空木の会メンバーは……なんというか、奇抜な奴らが多いのはわかったよ。しかも眼鏡さんも水着だったとか」

何たる羞恥プレイだうらやまけしからん!


しかし、興奮要素がなければダメとは言ってたが、ここまでとは!
愛嬌があればドブスですらもムッツリ真拳が発動するにもかかわらず、何一つ感じないとは参ったwww

守「愛嬌のないロリっ子は、助平(すけひら)にはまだ早かったか」

愛嬌ない子って逆にデレた時の破壊力がやばいのにね。
そこに至るまで付き合いきれないのが現実だけれども!!

この苦境をどうやって乗り越えるのか、行け、助平!!
いっぱいオシオキしてやれや!!

守「……だが、絵面的に大丈夫か? 子供を剝いでいるように見えんでもないが」

今更そこ言っちゃダメ!
というか段々局部描写が際どくなりつつあるのはやめた方がいいですぞすぎたん!!!


posted by ずばのろ at 18:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ムッツリ真拳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

ムッツリ真拳 6話感想


無数のおっぱい見まくれるより
1つのおっぱい自由に出来る方が良いに決まってんだろうがっ!!!



また1つ。奥深い名言が生まれてしまった……。

守「迷言だからな!?」

今回は、前回敵対して勝利し、恋愛フラグをも発生させた黒髪ぱっつん女子(この漫画では珍しくない)の、雪江さんがラブレター贈るところから始まりますって……ラブレターだとぉお!?
下駄箱ラブレターは、古のアーティファクトではなかったのか!?
現代にも実存するのか!?

守「怪しさ満点だがな」

普通なら疑ってかかるこれを、助平(すけひら)は真に受けて優越感に浸る……主人公の本分すら放棄して女の子の元へと発つ際の台詞が、最初に行った妄言名言である!

守「なお、相手は胸の奥の心臓を縛りたいとかいう危険思想だ」

【君の膵臓を食べたい】とかいうタイトルの小説もあるんだし平気だよ。

守「読んだことはないがそれ絶対に言葉通りの意味じゃねえからな?!」

そんな中、朱美さんの胸中は複雑怪奇。
ツンデレ? ええっと、どうなんだろうか……わからねえ!
女心って神話生物!!

守「そしてお約束の脱がしもキッチリ入れてくるとはな……」

いつも乳首は隠していますが、今回見えてない!?
これただの虫刺されかな!?

虫刺されフェチのジョニィが見たら喜びそうだぜ!

守「報復のダブルキックと逃走が同じコマで起こっているのだが」

あまりの速さに……残像が見えただけだ! 多分!

究極のおっぱいって目標を掲げている自称硬派な主人公だけど、今回のように信念が簡単に揺らぐ奴だとわかって読者的には好感度アップかな。

守「肝心の女子には好感度がほとんど上がり様がないというな」

ちなみに私は1つのおっぱい派で!

守「それが普通なんだよな」
posted by ずばのろ at 08:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ムッツリ真拳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

ムッツリ真拳 5話感想


これはいつかあの子が、「カリを返しに来た」と言って窮地に現れる展開だな!

守「そして無情にも一蹴されて怒った主人公の覚醒展開になるんだな」

一皮むけて逞しい奴になるんだよな!!
わかる、熱いよなその展開!



で、今回の敵(脱衣要員)は「世界あやとりチャンピオン」冬野雪江ちゃん。
地位も名声も手にした女の子だ!!
黒髪! ぱっつん! いや、さすがにもう見飽きたって? 私は大好きですね!


守「微妙な肩書だが舐めてはいけないのは、東方projectプレイした人ならわかるはず」

「花を操る程度の能力」って言う弱そうな能力なのに最強(ある程度)の妖怪とかいるしね。それにしてもこの漫画の女の子は髪型がと言うより、髪がフリーダムだから凄い。

守「単に画力が追い付いていないだけなのでは?」

人間は成長するのだ!! してみせる!!!


冬野雪江ちゃんは、姫空木の一味ではなく、あくまでも自分の目的のために周りを巻き込む女のk……。あれ、これって助平(すけひら)と同じじゃね?

守「主人公か悪役にありがちだなその雰囲気」

【10本の指では満足できない→緊縛趣味】
ごめん、わからない。


守「わかるわけがない」

究極に美しいあやとりって、そもそも10本の指で完成させねばならないのではとか野暮なことは言わない! でも他人を裸にするのは迷惑だよなあ!?

守「それを主人公が代弁してくれる。……くれるのだが」

「お前が言うな」だよなwww女の子に迷惑(脱衣)仕掛けまくっているしwww



そして始まるバトルなのだが、使うのは荒縄wwwおい、あやとり要素はどこ行った!!?

守「実際にあやとりつかったら『必殺』しそうなキャラになるからアウトなんだろう」

仕事人じゃねえよこの子!?
水ぶちかけても拘束&下着ガードの重ね掛け!! これは強敵だ!

そしてこれは男の汚い汁じゃねえ!?
これはええっと……花鳥水月だよ!! 宴会芸だよ!!
それでなければちりしゃんしゃんだよ!!


この素晴らしい世界に祝福を!第二期楽しみだよ!!

守「さり気なく宣伝すんな!?」



氷よりも電撃の方が効くのではと思ったが、いろんな技を試しているかMP(ムッツリパワー)が足りないのだろうな。あの技、見た目が派手だし。

守「無事に脱がしたはいいが、毎度毎度際どいアングルしているな」

大丈夫。ジャンプ漫画はモロを書かなければ18禁にはならない!!
ぶつ切れた荒縄の先端ふさふさ部分が一瞬アレに見えて焦りまくったけどセーフ!


守「その発想の時点でアウトだからな!?」


一件落着で、前回の襲撃犯も懐柔したしめでたしめでたし!
けれど40kgはありそうな女の子の体を「ひょい」と抱えるってとんでもない力だな助平さん。

守「普段壁ドン(めりこみ)とか顔面炸裂しそうなキックパンチ受けていても無事だから、体自体はしっかりと出来上がっているんだろうよ」

歯が抜けても翌週には生え変わっているからね!

守「それはギャグ補正だな」

そして下ネタも言うこの主人公相手に、何を思う朱美さん。
徐々に心がほだされていく彼女とは裏腹に、

次回以降物理的緊縛愛が待っていそうな主人公の、明日はどっちだ!!
ラベル:ムッツリ真拳
posted by ずばのろ at 10:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ムッツリ真拳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

ムッツリ真拳 3話感想



開幕から主人公が瀕死状態。しかも理不尽な理由で!!
Zランクに落ちた朱美さんは今日も破廉恥なことをされてうっぷん溜まっているからまあ……仕方がないな。

しかもZになったらいきなり女性の尻に敷かれる(物理)というオシオキだ!?
ふざけやがって……男をなんだと思っているんだ!!
こんな高校は廃校にするべきだ!! すこーアイドル生み出しでもしなければ許すもんか!

守「その手に握りしめた入学願書はなんだ?」

……青春をトリモロスために……!


今日の名言

女ハズかしめまくったら いつの間にか倒してるさっ



何というゲロ以下の臭いがプンプンするワルだ!! 最高じゃねえか!!

そして現れた前回の女子……不法侵入だが許そう。
こいつらはへそとか胸に目がいっているが、ノースリーブの腋とかマジでたまらねえ……!!
主人公の助平(すけひら)は頂上をガン見しているが、私は断然腋だね!!

守「どのみち最低だな……」



最近だけど、MP(ムッツリパワー)が(マゾパワー)に見えてきた。
どんだけ虐げられても貯まるってそういうことだと思う。

今回登場した脱げ担当の山田サナエ。
ドカベンみたいな苗字しやがって……!!


守「全国にどれだけ山田さんがいると思っているんだ!?」

というか山田さんよりも、その後ろに控える眼鏡ちゃんでお願いします!!! お願いします!! なんという野暮ったいデザインなんだよ最高かよ!!! 是非ともハズかしめてやりたいっス!
そして師匠のような顔面k――――


(不適切な表現を言いそうだったずばのろは、守(ブログの良心)によって首を刎ねられました)


不動乱子……強者のオーラだ!!
最終回付近で会いまみえるだろう!!
というか今回でFランク勢は全員敗れてZランクに落ちるのかな?
ともすれば今後は慎重に襲撃してくることだろうな。
次回も楽しみ!
ラベル:ムッツリ真拳
posted by ずばのろ at 16:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ムッツリ真拳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

ムッツリ真拳 第2話 感想


朱美さんの『私は超人(おんな)』のコマがえらい可愛い。
傍若無人な前回を考えれば、Z組編入は「ざまぁwwww」としか思えないはずなのに、可愛いせいで不憫に思えてしまう不思議。やっぱり可愛いは正義なんだよな!!

守「だが、メガネの方は何のお咎めもなさそうだけどな」

身内びいきする組織ってカッコ悪い!
そして文句散々言ってますが朱美さん、それが貴女の高校の流儀ですwww

着替えや風呂……トイレ……トイレ!!?

なんということだ……まさかトイレシーンを、挿し込むとは!!

いや、トイレシーンの表情はこれ、まさか、小ではなく――――


(その時。超人と化した守の一閃が、ずばのろの首を刎ね上げた)




死んでたまるか!!
画力をエロスとフェチズムで捻じ伏せる男気溢れる漫画を前に、死ねるか!!

守「お前もムッツリ真拳に目覚めてんのかよ!?」

記事の続きを読む
posted by ずばのろ at 16:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ムッツリ真拳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。